2008年11月24日

貴族(Adel)

 中世のブルクは貴族の城である。貴族はゲルマニア時代にすでに存在し、フランク帝国時代は戦争生活者(兵士)を意味していた。兵士には厳しい組織と服従が必要であり、同時に領主であり、気高い奉仕対し領土が与えられた。従者たちには強い結びつきが生まれた。このような発展はメロヴィング朝時代にもう始まっており、カロリング朝時代はより強固なものになった。
 マジャール人といった周辺からの襲撃により、兵士は馬を持っていることが重要となり、決定的になった。農民たちは時間的、経済的に武器を持って馬に乗ることができなくなったからだ。農民たちは税を納めることで兵役を免除された。そして兵士は戦争能力のある者であり、ブルクに住んだ。
 中世の貴族の出自は複雑であった。上流貴族は中世初期の大領主に由来し、国王の側近や管理職に就いていた。中世初期の領主は領主のいない土地を開墾して領主になった。騎士のような臣従貴族は、上流貴族である侯爵の従者に由来し、12世紀に登場した。『騎士(Ritter)』という言葉は『騎馬兵士(Reitersoldat)』を意味し、貴族の称号となり、ブルクとそ小領主が登場した。
 農民は兵役に従事することができず、貴族に隷属するようになっていった。武器を持つことと君主に奉仕することは名声となり貴族の生活に適応していった。戦争奉仕において自由民の貴族と不自由民のミニステリアーレという階級ができた。1200年頃までにミニステリアーレは貴族生活の大部分を請け負うようになった。12世紀は自由貴族とミニステリアーレ間の結婚はまれであったが、13世紀には頻繁に見られるようになった。フリードリッヒ一世赤髭王はミニステリアーレをよりどころにし、フリードリッヒの恩寵に依存する忠実な従者を得た。
posted by ぺんた at 09:17| Comment(18) | TrackBack(0) | ドイツ中世の騎士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。