2007年03月29日

クロイツブルク城(Burg Creuzburg)

 アイゼナハの北、6kmぐらいのところにある城。

 この場所に立つ城はカロリング朝の頃にはすでにあったとされる。当時は国王の所有でミリンゲンと呼ばれ、後にフルダ司教の所有となる。
 1069年に皇帝ハインリッヒ4世とマインツ司教の会合がここで行われた。
 1170年にルードヴィッヒ2世鉄の方伯が現在のブルクをたてた。そしてフルダ修道院長の要求に対し、皇帝フリードリッヒ1世赤髭王によりその所有が認証された。クロイツブルクの他、ヴァルトブルク、ルンネブルク、ノイエンブルクを並行して建築することに成功した。方伯のサブ居城として使用され、ヘルマン2世方伯はここで生まれ、亡くなった。
 1259、60年にブラウンシュヴァイク公爵とバラバント公爵夫人ゾフィーによるチューリンゲン継承戦争が起こった。が、どうなったのかは定かではない。
 1294年に方伯の子息とナッサウ国王のアドルフが争い、国王軍がクロイツブルクを包囲したこともあった。
 所有者はザクセン・クロイツブルク・アイゼナッハ公爵、ザクセン・アイゼナハ公爵、ザクセン・ヴァイマール、ザクセン・アイゼナッハ公爵、ザクセン・ヴァイマール・アイゼナハ公爵へと移り変わった。現在はクロイツブルク市の所有となっている。

 ここを訪れた著名人に、ルター、ナポレオン、ゲーテがいます。

Burg Creuzburg

現在、ホテル、レストラン、結婚式場として利用されています。
posted by ぺんた at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーテ街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37140684

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。