2007年03月30日

キフホイザー(Burgruine Kyffhäuser)

 皇帝フリードリッヒ1世赤髭王(バルバロッサ)が眠っているという伝説のある帝国ブルクの廃墟。フリードリッヒ1世は十字軍の遠征途中、イタリアの川で溺死したのだが遺体は見つからず、キフホイザーに眠っているという伝説が生まれた(但し伝説は孫のフリードリッヒ2世と混同されているというか、融合しているのだが)。ここが帝国ブルクであったことの意味を、バルバロッサ伝説が物語っている。
 ロマン主義の時代であった1890から1896年にかけて建築家ブルーノ・シュミッツによりヴィルヘルム1世とフリードリッヒ1世の彫像が建てられた。

 城はオーバーブルク、ミッテルブルク、ウンターブルクの3つの部分から成っており、全体で全長608m、幅60mである。
 オーバーブルクがケルンブルクであり、居住階は暖炉のある3階、守衛のための張り出しの入り口は10.5mの高さのところにある。環状城壁の高さは10m。井戸の深さは176mもありドイツ一。
 ミッテルブルクは四角形で円形の塔がある。
 ウンターブルクからミッテルブルクに抜ける通路がある。円形の塔の直径は11mある。ブルクの北城壁に居住塔と礼拝堂の複合建築物がある。1433年に後期ゴシック様式に姿を変えたが、保存状態は良くない。
 中世の頃、赤い禿山の上に建てられた木製の施設だった。石材も赤いものが使用された。赤は皇帝の権力を表している。ここは軍事的な目的だけではなく、皇帝の権力を示す目的も持っていた城なのだ。

 ブルクは10世紀にティレダ宮を守るために建てられた。この時国王ハインリッヒ5世とザクセン公ロタールが争っており、1118年に攻撃されたことがある。
 シュタウフェン朝時代、ここは帝国領であり、1150年以前には巨大なブルクが建築されていた。
 皇帝ハインリッヒ6世とハインリッヒ獅子公がブルク下のティレンダで和解した。国王の死後ブルクの重要性はなくなり、1222年に帝国ミニステリアーレのミルデンシュタインの領主が城主として就いた。
 1290年、ハプスブルク国王ルドルフがバイヒリンゲン伯をキフハイゼンの城伯に任命した。
 その後たびたび城主が変わり、1435年に崩落した。

Kyffhäuser Denkmal
posted by ぺんた at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 古城たち(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37292650

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。