2007年04月20日

エルトヴィレ城廃墟(Burgruine Eltville)

 14世紀からあるほぼ四角柱の居住塔があり、多角形の階段塔が中庭のほうにある。宮殿から河にかけて西翼が城壁と一体となっている。北と南にツヴィンガーだったと思われるものが残る。ブルクはおよそ深さ5mの堀で守られていたが、現在そこには水がなく、駐車場として使われている。東翼は1683年に新しくなり、その後何度も改修されて別の目的で使用されるようになった。

 エルトヴィレの街の起こりはローマ時代にまでさかのぼり、1060年にここは「Alta Villa」と呼ばれていたことが分かっている。
 12世紀にマインツ大司教のコンラート1世により水城が建築された。1165年、1243年に通行税をめぐるフェーデがあり、1301年に破壊されてしまった。
 14世紀に大司教と都市の間に争いが勃発した。エルトヴィレはブルクをより強固なものにした。おそらく城の古い部分がこの時のもの。
 1328年に法王ヨハネ12世がボンの司祭をマインツ司教にしようとしたのに対し、皇帝はハインリッヒ・フォン・ヴィルネブルクを推したので争いになり、ハインリッヒ・フォン・ヴィルネブルクは城を増強した。そして1339年にマインツ軍により城は焼け落ちた。
 そして1345〜47年に街を守るために城は再び建てられた。15世紀の初めにライン選帝侯、国王ルプレヒト、大司教ヨハン・フォン・ナッサウにより、城は増強され、大司教の政庁としてよく利用された。
 1584年、ザクセン選帝侯アウグストが毎日のようにシュヴァルバッハから水が運び込むために、100人以上の兵士を連れて来た。城の周囲で攻防があったかどうかは定かではない。
 30年戦争で、スウェーデン軍により破壊され、19世紀の半ばまで放置されたままの状態だった。
 1806年はナッサウ公国、1867年にプロイセンの所有となっていたが、1936年にエルトヴィレ市と協定を結び、一般見学ができるようになった。
タグ:ヘッセン
posted by ぺんた at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ライン下り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39485556

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。