2007年08月13日

ハルデンブルク(Die Hardenburg)廃墟

 バート・デュルクハイム(Bad Dürkheim)のHardenburg地区にあるブルク廃墟。バート・デュルクハイムとカイザースラウテルンを結ぶ街道上、山の斜面にある。

 城の歴史は、1206年に、シュヴァーベン国王フィリップからベネディクト派修道院のリンブルクを通して、シュパイアーガウの城代の地位をライニゲン伯が就いたことに始まる。まだライニゲン伯はまだ領主ではなかったが、時間が経つうちに所有権が移るきっかけとなる公の権利と権限を持っていた。このような成り行きは、中世世界で封建領主が確立していく上で重要な役割をになう。バート・デュルクハイムとカーザースラウテルンの通行権(税)は城代の重要な収入源であった。
 このようにして収入を得た後、ハルデンブルクは城を建て始め、1214年、ライニゲン伯フィリードリッヒ2世の時に完成した。しかし城の完成は喜ばしいものではなく、土地はライニゲン伯爵のものではなく、リンブルク修道院のものだったので、リンブルク修道院との争いが絶えなかった。だが、これを基にしてライニゲン・ハルデンブルク家は成長していった。

 城の最も頑強な部分はケルンブルクの部分であり、1480年から1550年にかけて増強されたものである。16世紀に外城門がかつての砂岩の深い首型堀の部分に建設した。正門方面は守りが堅くなっており、直径約23mの円塔があり、城壁も6.5mあり、高さは現在でも26mはある。
 切石が15mの広さに広がり、城の古い部分である5mの盾城壁へとつながる。狭い連結路はフォアホフへとつながる。連絡路の途中に窓のない小部屋が2つあり、狭い螺旋階段で上の階へとつながる。小部屋は1725年に伯爵が宮廷として使っていたもの。
 ブルクのフォアホフから南に防御壁が断片的に残る。強大な円塔がのこるが、直径はわずか23mしかないが、壁の厚さは4mあり、攻撃し難い山の急斜面側に立つ。
 主塔は四角い建物で、1510年に建造された際、紋章が取り付けられたており、防御用の開口部が設けられている。現在立ち入ることができない建物は、かつての首型堀の部分を通って西塁壁へとつながる狭い階段通路である。

Die Hardenburg
posted by ぺんた at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツワイン街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51282078

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。